No.53


9 月〇日
りーちゃん、るーちゃんが亡くなって以降、
我が家でわんこのいない生活が続いていましたが、
この度、ルビーのキャバリアの子犬をを迎えることになりました。




子犬には特有の可愛さがあって
時々意味もなく室内を走り回っていますが、
見ているだけで、とってもなごみます。(^^)/

10 月〇日
りーたんがうちにやってきて3週間が経ちました。
耳が伸びて、体重も2.3sになりました。
今日、生後2回目のワクチン接種を済ませました。
わんこのいる生活はとっても楽しいです。(^^)/



ところで、国内でわんこのいる家庭の割合がどのくらいかご存じですか?
2020年の統計では、約11%だそうです。

ちなみに米国は38%、フランス25%、英国24%、ドイツ21%
先進7か国の中で、もっとも低いのが日本だそうです。

この仕事をしていると、毎日わんこを見ているせいか、
もっと高い割合かな〜と感じていましたが、驚きの結果です。

しかも先進国の中で唯一わんこの数が減り続けているらしい。
米国やドイツは年々増加しているし、英国も横ばいみたい。
日本は今後どうなっていくのか、ちょっと心配です。((+_+))

11 月19日
今日は2003年の開院から数えて20回目の開業記念日、
私にとって、節目の一日です。
明日から気持ちも新たに20年目突入です。

振り返ってみると、この20年はとっても充実した年月でした。
なによりたくさんの動物たちとの出会いがあったし、
動物を通して経験すること、学ぶことも多々あり、
さらにここ20年の獣医療の急速な進歩も体感できました。

この進歩の中で、近年特に注目に値するのは、
@内視鏡の普及と、
A画像診断モダリティーの多様化(即ち、従来のX線検査や
超音波検査に加えて、新たにCT/MRIといった機器による
診断支援、外科支援が増えたこと)
でしょう。

内視鏡といえば多くの人がヒト医療の内視鏡外科を
思い浮かべるかもしれませんが、さすがに獣医界では
内視鏡外科(腹腔鏡)はまだまだ発展途上です。

一方、消化管内視鏡(いわゆる胃カメラ)検査はかなり一般的に
なりつつあり(といっても動物病院での普及率は40%以下ですが)、
当院でも消化器疾患が疑われる際の組織採取や、
食道内異物や胃内異物の除去にも適用しています。

節目の日に過去を振り返って想うのは、
世界も、日本を取り巻く環境も、そして社会構造も大きく変化する中で、
10年後、あるいは15年後に、はたして獣医療が
どのように変化・発展しているのか、・・・。

そのころには今年お迎えしたりーたんも
10歳、15歳になっているのかな?
元気で長生きしてちょうだい!



りーたんは今日もご機嫌ですよ〜〜〜(^^)/


※この日誌に登場するわんこ・にゃんこは基本的に仮名です。