○愛犬家の方へ○


年齢 推奨されるケア
生後30日齢 糞便検査(検便)、必要に応じて駆虫実施
生後60日齢 第1回目の混合ワクチン接種
生後90日齢 第2回目の混合ワクチン接種 ※1
生後91日齢以降 狂犬病ワクチンの接種 ※2
生後6ヵ月〜8ヵ月齢 避妊手術(♀)もしくは去勢手術(♂)の実施
1歳〜7歳まで 年に1度の健康診断(※3)とワクチン接種、
およびフィラリア予防
8歳以降 既往歴に応じた健康診断とワクチン接種、
およびフィラリア予防

 ※1 現在汎用されているワクチンの多くは多価ワクチンであり、1回
     の注射で複数(5種、6種、8種、9種)の病気が予防できます。

犬ジステンパー
犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス(2型)感染症
犬パラインフルエンザ
犬パルボウイルス感染症
犬コロナウイルス感染症
犬レプトスピラ病(カニコーラ型、黄疸出血型)


※2 狂犬病予防法の定めるところにより生後91日以上の愛犬に
 対して狂犬病ワクチンの接種が義務付けられています。

※3 愛犬の健康を守るために、当院では健康診断を随時受付け
    ております。検査内容、時間など詳細につきましては院内に
     パンフレットを用意いたしております。ご自由にお持ち下さい。

○愛猫家の方へ○


年齢 推奨されるケア
生後30日齢 糞便検査(検便)、必要に応じて駆虫実施
生後60日齢 第1回目の混合ワクチン接種
生後90日齢 第2回目の混合ワクチン接種 ※1
生後6ヵ月〜8ヵ月齢 避妊手術(♀)もしくは去勢手術(♂)の実施
1歳以降 年に1度の健康診断(※2)とワクチン接種

※1 通常、3種混合もしくは5種混合ワクチンになります。


猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症
猫クラミジア病

※2 愛猫向け健康診断メニューを、当院院内パンフレット
     として用意いたしました。どうぞご自由にお持ち下さい。



○ ワクチン保障制度 ○

人のワクチンには、予防接種健康被害(推奨接種、任意接種)に対する救済制度があります。
あってはならないことですが万が一の場合、この予防接種救済制度を受けることが出来ます。

動物にもこうした制度があればと、日本で始めて出来た制度が、「ワクチンあんしん保障制度」
です。
当院で採用しているワクチンは、すべてこの「ワクチンあんしん保障制度」の対象品です。
もちろん、飼い主さんの入会金、掛け金等経済的負担は一切必要ありません。ご安心ください。