当院では専門的な眼科診断機器(トノペン、スリットランプ、双眼倒像鏡、
眼底ビデオカメラ等、
)を設置して、眼科の診断・治療を行なっています。

病気での受診はもちろんですが、通常の健康診断検査時に、
眼科検診を追加することで、目の病気を未然に防いだり、また
初期症状を発見し失明に至らず健康に暮らすことも可能です。

言葉を発することが出来ない愛犬・愛猫の為に、5歳を過ぎたら
年に1度は眼科検診を受けてみてはいかがでしょうか!
(*^_^*)




普段こんな症状はありませんか?


 ○ 飼い主さんがよく訴える12の症状 ○


1.目が赤い                   →結膜炎、ぶどう膜炎

2.目がしらから、赤いものが出ている    →瞬膜の病気

3.目を痛がる                  →角膜炎、眼圧の上昇

4.目が腫れてきた、瞳孔が大きくなった   →緑内障

5.目をかゆがる                 →アレルギー性結膜炎

6.目の表面が乾いている           →ドライアイ

7.目の表面にキズがある           →創傷性角膜炎

8.目が白くなった                →白内障、パンヌス

9.左右で瞳孔(黒目)の大きさが違う    →神経疾患、緑内障

10.涙が出やすい               →流涙症など

11.目やにが目立つ              →細菌感染、鼻涙管狭窄

12.目が見えにくい              →網膜萎縮症、網膜剥離




● 緊急!眼の症状、失明の危険が高い7つの症状 ●

1.充血が続く

2.目の表面にキズがある

3.目が白濁している

4.目が潰れている

5、目が腫れてきた、突出してきた

6.目のまわりが濡れている

7.目が見えにくい、物にぶつかる