No.46


12月○日

早いもので今年も残すところあとわずか。

今年はいろいろな意味でしんどい一年でした。
それでも診療を通して、かわいいわんこ、にゃんこ、
ときどきうさぎやフェレットに出会えて、癒されました。

来年が皆様にとって、動物たちにとって、
よい一年でありますように!!!



2018
1月○日

あけましておめでとうございます。

開業15年目突入です。 m(*^_^*)m

毎年のことですが、年初には自分なりに
今後一年仕事のテーマを決めています。

改めてテーマ決めなくてもいいんですが、
かつてお世話になった先生の言いつけを
なぜかいまだに忠実に守っているわけです。

というわけで、今年のテーマは、
「運動器のエコーを極める!」
でいこう、と考えています。


ちなみに昨年度のテーマは、
「画像診断にいちいちこだわる!」
でした。


いちいち、というところがいいでしょ。(^_^)
原点回帰を意識しました。




獣医学の分野では、
エコー検査の精査対象は、
ヒトの場合とはかなり異なり、
腹部臓器→心臓→眼球→肺
という時間軸で発展してきました。

ちなみにヒトでは、肺をエコーで診ることは
まずないと思います。

運動器、すなわち靭帯や腱、筋肉等を
エコーで診ることに関しては、
今現在ヒトの整形専門医の間でも
賛否を含め、様々な議論があるようです。

一方、少なくとも獣医学の分野では、
昨年秋辺りから、運動器をも対象と
しつつあります。


興味のある分野だけに、
自分なりにこの世界にどっぷり漬かって
しっかり学んでみたいと思います。



※この日誌に登場するわんこ・にゃんこは基本的に仮名です。